自家歯牙を用いた歯槽堤増大術の2年経過前向き研究

原題 : Alveolar Ridge Augmentation Using Dystopic Autogenous Tooth:
2-Year Results of an Open Prospective Study  

筆者 :Veronika Pohl, MD, DMD1/Sebastian Pohl, MD, DMD2/Irene Sulzbacher, MD, PhD3/ Rudolf Fuerhauser, MD,    

            DMD4/Georg Mailath-Pokorny, MD, PhD5/Robert Haas, MD, DMD, PhD6  

 

掲載紙: JOMI Volume32 Issue4 870-879 

 

PURPOSE 

 水平的骨増大術、もしくはリッジオグメンテーションの材料に自家歯牙を用いた2年経過を報告すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

  • 未萌出の埋伏歯を粉砕し、生理食塩水もしくは血液と混ぜて稠度を調整(欠損が大きい場合は形態修正し、歯周組織や歯髄の除去等は行わず、ブロックで使用)→ Fig2 a,b 

  • 量が不足した場合には、下顎枝から骨採取し、補填 

・3、6ヶ月後にインプラント埋入(Replace          もしくはASTRA)  

  • 抜歯と埋入が同一部位の場合は抜歯後に粉砕した歯牙を填入し、縫合 

→必要があればメンブレン(Bioguide)及びピン(Frious)併用 

  • インプラント埋入後に、プロビジョナルを装着するケースにおいては、粘膜部に負荷がかからない様、特に注意 

  • CBCTを増生後及び埋入後に撮影→ 

Fig 3,4 

 

  • 3,6,12,24ヶ月後にインプラント周囲骨高さを測定 

  • プロービング深さとBOPを測定 

 

RESULTS & DISCUSSION 

・20人(♂15 ♀5)平均44.7歳 

  • 3人が骨ブロック併用 

  • 17人中 

4人が歯牙をブロックで使用→Fig 5 

7人が頬側に粉砕した歯牙を使用 

→Fig 6 

6人が粉砕後抜歯窩に再度填入 

(3人が上顎小臼歯もしくは犬歯、2人が下顎小臼歯、1人が下顎智歯) 

→Fig 7 

・28本のインプラントを埋入した。(10  

 本が即時荷重、18本が耐時) 

・1本の即時荷重したインプラントを1 

 ヶ月後に再埋入し、リカバリー 

・臨床的に、全てのインプラントに炎症  

 及びインプラント周囲炎の兆候を認 

 めず。 

・2年生存率は96.4% 

  • 周囲骨吸収量は平均0.37mm(1年目) 

0.58mm(2年目)→Fig9 

・ポケット深さは24ヶ月後で平均1.7mm→Fig10 

・BOPはどのインプラントにも認めず 

  • 先に行ったサイナスリフト時に歯牙を粉砕し、充填する研究においては 

3ヶ月後に、血管新生と新生骨の誘導が見られ、エナメル質と象牙質の吸収も認めた。28 

  • 本研究において歯牙をブロックで使用した症例において、どの症例においてもインプラント埋入時には骨へのりモデリングは認められず、明瞭に区別できた。 

  • 一般的に歯牙は骨ブロックに比べてリモデリングの期間が長い34,35ため、必然的に治癒期間の延長が想定される。 

 

CONCLUSION 

・インプラント埋入に先立ち、歯牙を水平的・垂直的骨な増大や、抜歯窩への填入材料に用いることは、骨への吸収填加はされないものの、2年経過において問題なく使用することができることが示された。 

 

TOPIC OF CONCERN 

・移植材料について何を用いておられま 

 すか? 

  • 歯牙の吸収置換は、期間をおいてもそれほど起こらないように思う

インプラント周囲骨の安定性と粘膜厚さー臨床的・組織学的前向きコホート研究

原題 :Mucosa Thickness and Peri-implant Crestal Bone Stability: A Clinical and Histologic Prospective Cohort Trial 

筆者 :Luigi Canullo, DDS, PhD1/Fabio Camacho-Alonso, PhD, MDS2/Marco Tallarico, DDS, MSc3/ Silvio Mario Meloni, PhD,    

         MSc4/Erta Xhanari, DDS5/David Penarrocha-Oltra, DDS, MSc, PhD6

掲載紙:JOMI Volume32 Issue3 P675-681

 

 

PURPOSE 

インプラント周囲軟組織の厚みと骨吸収量の関連を調べること 

 

MATERIALS AND METHODS 

 

  • 26人68本のインプラント治療を行い(性別・年齢等の記載なし)、1次手術時にパンチングにより軟組織26検体を採取(φ3.8mmよりやや小さめに)→Fig1 

  • グループ1(2mm<:16人40本)   

グループ2(2mm>:10人28本)に振り分け 

  • φ3.8×10〜13mm(PremiumSP,Sweden&Martina) 

  • 下顎臼歯部(ケネディーclass1〜3) 

 

  • プラットフォームスイッチテクニック 

  • 検体を染色し、上皮組織、結合組織、粘膜  それぞれの厚みを計測(2名の独立した研究者)→ Fig3 

  • インプラント埋入時、1年後、3年後でレントゲン的に骨レベルを計測→Fig2 

RESULTS & DISCUSSION 

  • それぞれの組織の厚みは、 

上皮組織 430.33 ± 250.21μm 

結合組織 1324.31 ± 653.46μm 

粘膜組織 1751.29 ± 759.53μm 

  • 1年後、3年後共に軟組織厚さと骨吸収量に統計的有意差は認めず 

→ Fig4 5 Table 1 2 3 

 

 

 

 

 

 

  • 本研究は下顎臼歯のみのものである 

  • サンプルサイズが小さい 

→一般化するにはさらなる大規模な研究が必要である 

 

CONCLUSION 

・本実験の範囲においては軟組織厚さボーンレベルに有意な相関を認めなかった。 

 

TOPIC OF CONCERN 

・Fig4 5ともかなりのばらつきがあり、ここから傾向を導くことに抵抗を感じる 

・筆者らがカットオフ値を2mmと決めていることの適否 

・個人的には角化歯肉がある方が安心感があるのですが、皆様いかがでしょうか

インプラント治療における生体材料のシステマティクレビューの批判的評価

原題 :Use of Biologic Agents to Promote Bone Formation in Implant Dentistry:
A Critical         Assessment of Systematic Reviews  

筆者 :Marco Antonio Alarcón, DDS, MS1/Karla Tatiana Diaz, DDS2/Luisiana Aranda, DDS, MS3/
Emilio Alfredo Cafferata, DDS4/Clovis Mariano Faggion Jr, DDS, Dr med dent habil5/Alberto Monje, DDS, MS6  

掲載紙: JOMI Volume 32, Number 2, P271-281 

 

URPOSE 

骨造成目的として使用される生体材料についてのシステマチックレビューの妥当性を評価すること 

MATERIALS AND METHOD 

Medline Embase Cochrane database とハンドサーチにて検索(Table1 )し、選別(Fig1) 

 

AMSTAR, R-AMSTAR, Glannyらのチェックリスト(Table 4 5 6)を用いて 2名のレビューワーにより判断(意見が異なる場合は、第三者を交えたディスカッション) 

RESULTS & DISCUSSION 

評価した12文献→Table2 

 

AMSTARの結果 

R-AMSTARの結果 

Glannyらのチェックリストの結果 

 

 

 

 

 

CONCLUSION 

骨造成目的に使用される生体材料に関するシステマチックレビューを調査したところ、原論文に多様性が多く認められ、統一された条件下での結論を導けているわけではなかった。 

 

TOPIC OF CONCERN 

  • ますます「システマチックレビューに書いてある」って言いにくくなるなあ… 

  • みなさん何使いますか? 

引用の多い300文献

原題 :The 300 Most-Cited Articles in Implant Dentistry

筆者 :Marco Antonio Alarcón, MSc, DDS1/Diana Esparza, DDS2/Carmen Montoya, DDS3/ Alberto Monje, DDS, MS4/Clovis Mariano Faggion Jr, Dr med dent habil, DDS5 

掲載紙:JOMI Volume32 Issue1,P. e1-8

 

 

PURPOSE

引用の多いインプラント関連文献の特徴を評価すること

 

MATERIALS AND METHODS

・  ISI(The Institute of Scientic Information)WEB にある文献からインプラント関連のものをピックアップし、引用の上300文献を調査→Fig 1

 

・  2名の研究者が評価・分類し、研究者間の評価の差に関しては、コーエンのκ係数を用いて調整

RESULTS & DISCUSSION

  • 最も引用の多い文献は

The long-term e cacy of currently used dental implants: A review and proposed criteria of success. Albrektsson et al 1331回 JOMI 1986であった

 

・  JOMICOIRがそれぞれ47%,45%で引用上位300文献の大半を占めた→Table 2

 

  • 年代別では1996年から2000年が多かった→Fig2

 

  • 国別では、スウェーデン、アメリカ、スイスが多かったFig

 

 

  • ・内容に関しては、成功率・生存率、GBR、表面性状等が多かったFig

 

 

  • 研究デザインはケースシリーズが最も多く(71文献),前向きコホート(39)、動物実験(51)がついで多く、システマチックレビューやRCTは僅かであった。→Fig 5

 

 

  • 研究手法の限界(ケースシリーズなど)があるにもかかわらず、成功率と生存率、GBR、に関する引用が多かったことに関して、これらのトピックスには関心が多く、今後、質の高い研究が求められると言える
  • JOMICOIRがそれぞれ47%,45%で引用上位300文献の大半を占めたが、CIDRR2014年においてインプラント関連の雑誌中最高のインパクトファクター)とEJOIRCTとシステマチックレビューに特化した雑誌)も注目に値するジャーナルである

 

  • 本研究の弱点として、ISI webのシステムは、自身の引用をオミットしていないことや、インパクトファクターの欠点が挙げられる

 

  • 本研究の弱点を補う方法としては、ISI webにかからない他の歯学、医学文献の調査、及びインパクトファクターの弱点を補う意味でアイゲンファクターの考慮も一案である

 

CONCLUSION

生存率・成功率、GBR、即時埋入に関する文献の引用頻度が高かった

 

TOPIC OF CONCERN

・今回の順位、みなさんどう感じられました?

・多数の引用がされている論文はタイトルが効いている感じがする。

ショートインプラント(<6.5mm)において、フィクスチャーレベルと歯肉レベルの補綴術式の違いがインプラント周囲骨に及ぼす影響を比較すること

原題 : Marginal Bone Loss Around Short Dental Implants Restored at Implant Level and with Transmucosal Abutment: A Retrospective Study
 

筆者 : Gabriel Hernández-Marcos, MD, DDS1/Mariela Hernández-Herrera, DDS1/Eduardo Anitua, MD, DDS, PhD2 

掲載紙: JOMI Volume33 Issue6 P1362-1367 

 

PURPOSE 

ショートインプラント(<6.5mm)において、フィクスチャーレベルと歯肉レベルの補綴術式の違いがインプラント周囲骨に及ぼす影響を比較すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

  • 18歳以上 

  • <6.5mmのインプラント 

  • 臨床経験20年以上の1術者 

  • フィクスチャーレベルはUCLA abt 

  • 歯肉レベルは2〜4mmの既製abtを装着し、その上部に補綴 

 

 

RESULTS & DISCUSSION 

  • 9♀ 8♂  17名33本 

  • 61 ± 12 歳(40〜83歳) 

  

・フィクスチャーレベル群が平均0.38  

 ±0.52mm、歯肉レベル群が0.07±  

 0.25mmと骨吸収量に有意差を認めた 

 

  • 2mm以上の歯肉貫通アバットメントがインプラント周囲骨の吸収を妨げるとの報告があるが21、本研究におけるアバットメントの最低高さは2mmであった。 

  • 歯肉貫通型のアバットメントを用いることは、フィクスチャーレベルでの着脱回数を減らし、周囲骨の吸収量を抑えることができるとの報告がある18 

・フィクスチャーとアバットメントの封 

 鎖性は、負荷の分散と細菌層の発達の  

 予防に有効であるとする報告13,25,26  

 があるが、歯肉レベルの補綴において 

 は、既製アバットメントを用いるため 

 に良好な封鎖性が得られ、本結果をも 

 たらしたと考えられる。 

 

CONCLUSION 

歯肉レベルの補綴術式は、ショートインプラント補綴における周囲骨の安定性に寄与する。 

 

TOPIC OF CONCERN 

  • ショートインプラントに限らず、補綴術式による骨吸収量の差として、ある程度のコンセンサスがある内容と考える。 

下顎無歯顎症例における臨床的・レントゲン的比較 バー・テレスコープ・ロケーターのRCT

原題 : Clinical and Radiographic Evaluation of Bar, Telescopic, and Locator Attachments for Implant-Stabilized Overdentures in Patients with Mandibular Atrophied Ridges: A Randomized Controlled Clinical Trial  

筆者 :Moustafa Abdou ELsyad, BDS, MSc, PhD1/Basma Adel Denewar, BDS2/ Ehab Abdelnabi Elsaih, BDS, MSc, PhD3 

掲載紙: JOMI  Volume33 Issue5, JCP Volume45 Issue3  p1103-1111 

 

PURPOSE 

下顎無無歯顎症例において、バー・テレスコープ・ロケーターのインプラント周囲組織をRCTにて比較すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

  • 90人の患者を30人ずつの3グループ(BOD,TOD,LOD) 

  • 骨量(classes IV to VI, Cawood and      

Howell ) 

  • 骨質(classes I to III, Lekholm and ZarbZarb)  

  • φ3.7× 11mm 以上 

  • 糖尿病、骨粗鬆症、化学療法、喫煙者は除外 

・プラークインデックス、ジンジバルインデックス、ポケット深さ、インプラントの安定性、角化歯肉幅、垂直的骨吸収量、水平的骨吸収量 を比較 

RESULTS & DISCUSSION 

・3群ともインプラントの生存率に有意差はなかった。 

 

 

・プラークスコアはBOD群が有意に高  

 かった 

 

・ジンジバルスコアもBOD群が一番高     

 かった。 

 

 

  • ポケット深さは、全ての群で6ヶ月時に深くなり、12ヶ月で再び浅くなる 

  • 角化歯肉幅は時間とともに減少するが、群間に差はなかった 

  • 垂直的な骨吸収量に有意差はなく、水平的骨吸収はBOD群の6ヶ月から12ヶ月時での減少量に有意差を認めた 

CONCLUSION 

  • 3群ともにインプラントオーバーデンチャーの治療に有用である。 

  • インプラント周囲の軟組織への影響についてはTOD群が最も有利、周囲骨への影響に関しては、LOD群が最も有利であった。 

 

TOPIC OF CONCERN 

・IODの補綴装置について 

・対合歯やブラキシズムの有無等の条件  

 についての考察 

上顎前歯部におけるティッシュレベルインプラントとボーンレベルインプラントの審美的比較

原題 : Long-Term Esthetic Outcome of Tissue-Level and Bone-Level Implants in the Anterior Maxilla 

筆者 :Carola Siebert1/Dominik Rieder, Dr Med Dent2/Jochen Eggert, Dr Med, Dr Med Dent3/ Manfred Gerhard Wichmann, Prof Dr Med Dent4/Siegfried Martin Heckmann, Prof Dr Med Dent, Dr Phil5  

掲載紙: JOMI  P905-912 

 

PURPOSE 

上顎前歯部におけるティシュレベルインプラントとボーンレベルインプラントの審美性の比較 

 

MATERIALS AND METHODS 

TL群 

  • ティシュレベルインプラント 

(2001〜2008年) 

・男性3名 女性20名 

・平均51.5歳(26〜77歳) 

BL群 

  • ボーンレベルインプラント 

  • (2008〜2012年) 

・男性9名 女性14名 

・平均47.1歳(21〜80歳) 

 

 

 

 

immediate 6人(TL)と4人(BL) 

Early    6人(TL)と15人(BL) 

Dalayed  11人(TL)と4人(BL) 

 

PESを用いて5人で評価を行い、評価者間での信頼度を確認した。 

 

PESは8点以上をもって審美性獲得の基準とした。 

RESULTS & DISCUSSION 

  • インプラントサイズと部位 

TL群 

 

BL群 

PESは両郡ともに8以上で審美的に満足のいく結果であり、有意差は認めなかった。 

 

DISCUSSION & CONCLUSION 

・有意差はないものの、各パラメーター  

 においてBL群のほうが良好な傾向が 

 見られた。 

  • BL群の方がエマージェンスプロファイルの獲得に有利な形状である 

  • 両郡ともに審美性の獲得が可能である 

フラップレスガイドサージェリーにおけるホール形成時の温度変化

原題 :Thermal Changes During Guided Flapless Implant Site Preparation: A Comparative Study  

 

筆者 :Gianpaolo Sannino, DDS, PhD1/Enrico F. Gherlone, MD, DMD2  

 

掲載紙: JOMI Volume33 Issue2  P671-677 

 

PURPOSE 

ガイドサージェリーにおけるドリリング時の骨内の温度変化を、ドリル及びスリーブの形状を変えて比較すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

コントロール群 

  • 従来のメタルスリーブ 

  • 16mm長さのシリンダー型ドリル 

(φ2.2 2.8 3.5 4.2) 

テスト群 

  • ポリウレタン製ドリルガイド 

  • φ2.35mmパイロットドリル と  

φ4.2mm × 4mm のシリンダー型ドリル の2本  

・外部注水下にてドリリング 

それぞれのホール内の2mm,8mm,13mm深さにて温度を計測 

 

RESULTS & DISCUSSION 

・開始時の温度は平均24.11 ± 0.16 度 

コントロール群 

  • 最も高い温度が計測されたのは、引き抜きの際に6.5mmの位置にドリルがある時の深さ2mmのセンサーの温度で、40.24度 

  • 最も温度変化が少なかったのは、ドリリ  

ング9.9mm到達時の13mmセンサーの4.03度 

テスト群 

  • 最も高温を記録したのは7.90mmドリリング時の8mmセンサーにおける30.92度 

  • 温度変化が最少だったのは、3.20mmドリリング時の2mmセンサーの0.53度 

 

  • コントロール群とテスト群間において温度変化に統計学的有意差を認めた。(Student-T) 

 

  • 温度変化が起こる原因として、皮質骨の骨質が緻密であることに起因すると考える説25 と埋入深度が深くなるに従い注水が行いにくくなることに起因すると考える説がある12,25,31 

  • 本研究におけるテスト群においては8mmセンサーにおいて最高値となっていることから、注水が届きにくかったことがうかがえる。 

  • テスト群のほうが総じて温度変化が少ない結果であったが、スリーブ形状、ドリル形状、ドリルシークエンスのどのプロコールが、大きく関わっているかは、類似の研究がなく定かではない。 

 

CONCLUSION 

  • 引き抜き時の歯冠側と真ん中1/3部分への注水が特に重要 

  • ドリルを短くしたり、本数を少なくすることで温度上昇を抑えることができる 

 

TOPIC OF CONCERN 

  • 明確に規定されていないが、骨がダメージを受ける目安として、47度を上限と考えると本実験においてはコントロール群においても問題ないと考えるが、みなさんは臨床上、温度上昇に聞いインすると考え得られるトラブルはありますか? 

根形態のカスタムメイドインプラント1回法におけるパイロットスタディー

原題 :Immediate Nonsubmerged Custom Root Analog Implants: A Prospective Pilot Clinical Study
 

筆者 :David Anssari Moin, DDS, PhD1/Bassam Hassan, DDS, PhD2/Daniel Wismeijer, DDS, Ph 

掲載紙: JOMI VOl 33 Issue2 e37-44 

 

PURPOSE 

根形態の1回法インプラントの実現可能性を調査すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

 

  • パイロットケーススタディー 

  • 小臼歯の単独歯欠損症例 

  • CBCTにて1.5mmの骨幅が確認できる即時埋入に適した症例 

  • 根尖病巣なし 

  • プラークインデックス25%以下 

 

1.CBCTのデータとシリコン印象より作成された模型のスキャニングデータを統合し、CADを行う 

 

 

2.CADデータをもとに根形態の試適用インプラントとジルコニアインプラント、およびカンチレバー型のプロビジョナルを作成 

3.歯槽骨の保存の注意を払いながら抜歯し、デブライドメントを行った後、試適用インプラントにて適合を確認 

  

 

4.インプラントを手指圧およびハンマーにて埋入 

 

5.打診にて適合を診査した後、必要があれば縫合 

 

6.プロビジョナルをレジンセメントにて隣在歯ともども合着 

 

7.必要があれば咬合調整 

 

RESULTS & DISCUSSION 

  • 6人の患者が参加したが、最終的に一名がドロップアウトした。 

→Table1 

  • 1名の患者で4週間後にインプラントの動揺を認めたため撤去し、同時にコンベンショナルなインプラントを埋入した。 

  • 埋入直後の辺縁骨レベルは平均0.59mmで1付加後12ヶ月後の変化量は平均0.31mmであった 

 

CONCLUSION 

今後は成功率、生存率の評価が必要である。 

 

TOPIC OF CONCERN 

今後こういったセミオーダーシステムが主流となって行くのか? 

ホールの形成がないことはメリットと言えるかもしれない。 

モンテカルロ法を用いた早期のインプラントロスにおけるリスクファクターの重要度評価

原題 : Estimating the Importance of Signi cant Risk Factors for Early Dental Implant Failure: A Monte Carlo Simulation 

筆者 :Oguz Buhara, DDS, PhD1/Salahi Pehlivan, PhD2 

掲載紙: JOMI VOl 33 Issue1 P161-168

 

PURPOSE 

早期のインプラントロスにおけるリスクファクターをモンテカルロ法を用いて順位付けするとともに各リスクファクターのインプラントロスの可能性を定量化すること 

 

MATERIALS AND METHODS 

  • 関連するシステマチックレビューを検索し、本論文の条件に合うものを選択(2名の研究者:意見が合わない場合はすり合わせ カッパー係数による一致度の評価) 

→最終的に8文献 

  • リスクファクターとして 喫煙 

骨質 ショートインプラント ワイドインプラント 隣在歯 歯周病 男性 の6項目を調査 

RESULTS & DISCUSSION 

・シミュレーションによって求められた  

 早期ロストの確率と出現率をリスク 

 ファクターごとに一覧するとFig3の 

 ごとくとなる 

・感度分析の結果最も高い値を示したの 

 は 歯周病 であり、最も低かったの 

 が ワイドインプラント であった 

CONCLUSION 

・本システマチックレビューの結果においては、早期のインプラントロスに最も関連のあるリスクファクターは歯周病の既往であった 

TOPIC OF CONCERN 

・発熱やホール形成後の支持骨量、その他の外科手技等も要因としてあるような臨床実感があるのですが皆様いかがでしょうか?

1