Er-YAGレーザーとフォトダイナミックセラピーのA.a菌におけるインプラント表面上バイオフィルムに対する影響

原題 : Bactericidal E ect of Erbium-Doped Yttrium Aluminum Garnet Laser and Photodynamic Therapy on 

             Aggregatibacter Actinomycetemcomitans Bio lm on Implant Surface  

筆者 : Anna Saffarpour, DDS, MSc1/Reza Fekrazad, DDS, MSc2/Maryam Naghavi Heibati, DDS3/ Abbas Bahador,

             PhD4/Aida Saffarpour, DDS, MSc5/Amir R. Rokn, DDS, Msc6/
Aysel Iranparvar, DDS3/Mohammad J. KharaziFard,

             DDS, PhD

掲載紙: JOMI Volume31 Issue3,4, e71-78 

 

PURPOSE 

 インプラント表面におけるEr:YAGレーザーとフォトダイナミックセラピーのA.a菌に対する効果を比較すること 

MATERIALS AND METHODS 

・50本のインプラント(4.3mmx10mm SLA) 

・10本ずつ 5グループ(Er:YAG、LED, Diode Laser, CHX, 生食) 

RESULTS & DISCUSSION 

 

  • クロルヘキシジンが生体内においても本実験のように作用するかどうかは熟考すべきである。 

CONCLUSION 

  • 本実験においては、全ての治療方法において、コントロール群に対して有意にA.a菌の現象を認めた。 

  • 治療方法間においては、クロルヘキシジン群が最も効果が高かった。 

 

TOPIC OF CONCERN 

  • 筆者らの考察にもあるが、vivoでのA.a菌単独への効果が、Vitroでのインプラント周囲炎の治療効果を決定づけるものではないことを踏まえると、本実験での結果の解釈に関しては慎重に行うべきと考えるのですが、皆様はいかがでしょうか?