咬合面間距離の少ない3ユニットインプラント支持ブリッジにおけるジルコニアフレームの破折強度と破折様相分析

原題 : Zirconium Oxide Three-Unit Fixed Partial Denture Frameworks Supported by Dental Implants in Acceptable and  

               Reduced Interocclusal Space Possibilities: Pilot In Vitro Fracture Strength and Fractographic Analyses 

筆者 : Sérgio Alexandre Gehrke, DDS, PhD1/Wellington Cardoso Bonachela, DDS, MSc, PhD2/ Jéssica Monique Lopes

               Moreno, DDS2/Paulo Henrique Orlato Rossetti, DDS, MSc, PhD3/ Guillermo Castro Cortellari, DDS,  

               MSc4/Berenice Alina Dedavid, Eng, PhD5/
José Luis Calvo-Guirado, DDS, PhD6  

掲載紙: JOMI Vol34 Issue2 P337-342 

 

PURPOSE 

咬合面間距離の少ないジルコニアフレームに、準静的な負荷をかけた際の破折強度と破折様相を調べること 

 

MATERIALS AND METHODS 

  • Φ4×10mmのインプラントをィ境Ю澤廚鯀枋蝓18mm間隔)し、ステンレス台に固定 

  • コントロール群として歯冠長平均が8.5mmの3ユニットジルコニアフレームを作成(n=10) 

  • テスト群として7番相当部分のフレームを3mm短くしたフレームを作成(n=10) 

・両群ともに均等で静的な力を破折が起こ 

 るまで加えた。 

  • 全てのサンプルの破面分析を行い、破断 

面の観察を行った。 

 

 

RESULTS & DISCUSSION 

  • コントロール群の破折強度は、1,747.4 ± 122.3 N  

・テスト群は1,817.7 ± 158.9 N  

  • 両群に有意差は認めなかった。 

  • コントロール群においては、全て遠心側のみに斜断裂が起こった。 

  • テスト群においては、全て近心・遠心両側に斜断裂が起こった。 

  • コントロール群においては典型的なセラミックの破断面を呈した。 

  • テスト群のポンティック部においては、伸縮力が作用した際の特徴的な歯断面が見られた。 

 

CONCLUSION 

 

咬合面間距離が不足し、歯冠長が短くなるケースにおいて、ジルコニア3ユニットフレームの破折強度は有意に低下することはないが、エネルギーの蓄積は起こる。 

 

 

TOPIC OF CONCERN 

ジルコニアの使用についてはみなさまいかがでしょうか?

コメント