上顎前歯部におけるティッシュレベルインプラントとボーンレベルインプラントの審美的比較

原題 : Long-Term Esthetic Outcome of Tissue-Level and Bone-Level Implants in the Anterior Maxilla 

筆者 :Carola Siebert1/Dominik Rieder, Dr Med Dent2/Jochen Eggert, Dr Med, Dr Med Dent3/ Manfred Gerhard Wichmann, Prof Dr Med Dent4/Siegfried Martin Heckmann, Prof Dr Med Dent, Dr Phil5  

掲載紙: JOMI  P905-912 

 

PURPOSE 

上顎前歯部におけるティシュレベルインプラントとボーンレベルインプラントの審美性の比較 

 

MATERIALS AND METHODS 

TL群 

  • ティシュレベルインプラント 

(2001〜2008年) 

・男性3名 女性20名 

・平均51.5歳(26〜77歳) 

BL群 

  • ボーンレベルインプラント 

  • (2008〜2012年) 

・男性9名 女性14名 

・平均47.1歳(21〜80歳) 

 

 

 

 

immediate 6人(TL)と4人(BL) 

Early    6人(TL)と15人(BL) 

Dalayed  11人(TL)と4人(BL) 

 

PESを用いて5人で評価を行い、評価者間での信頼度を確認した。 

 

PESは8点以上をもって審美性獲得の基準とした。 

RESULTS & DISCUSSION 

  • インプラントサイズと部位 

TL群 

 

BL群 

PESは両郡ともに8以上で審美的に満足のいく結果であり、有意差は認めなかった。 

 

DISCUSSION & CONCLUSION 

・有意差はないものの、各パラメーター  

 においてBL群のほうが良好な傾向が 

 見られた。 

  • BL群の方がエマージェンスプロファイルの獲得に有利な形状である 

  • 両郡ともに審美性の獲得が可能である 

コメント